3姉妹ママの日々徒然

5歳、2歳、0歳の女の子を子育て中の医療系ワーキングマザーです。現在、3人目の育休中です。都内在住、共働き、核家族の私たちは実家が遠方のため子供の体調管理には人一倍敏感です。暮らしや子育て、仕事など日々のちょっとしたことを綴っています。

自家製!簡単手作り唐揚げのつくり方!何度も挑戦してやっと味が決まってきました!

スポンサーリンク

突然ですが、唐揚げっておいしいですよね。

家族全員大好きで週末は唐揚げばかり作っている気がします(笑)

そんな唐揚げですが、新婚当初は思ったような味にならずに苦労したものです。

唐揚げ粉やバーベキューのタレを使えばおいしく作れるとは知っていたのですが、自分の味を作りたい!と思い、たどり着いたのが栗原はるみさんの本でした。

栗原はるみ haru_mi 2015年 10 月号 [雑誌]

栗原はるみ haru_mi 2015年 10 月号 [雑誌]

 

基本、この本とベターホームさんの2冊を使っています(*^^*)

レシピが多いことに加え、写真がたくさんあるのでわかりやすいです。

レシピがあるからいってすべてが同じように出来るわけではありません。

しかも作るのはど素人の私(笑)

何度も試行錯誤を重ね、

おそらく数十回は作ったであろう唐揚げレシピをご紹介します。

唐揚げの作り方

唐揚げは7割が下味づけ、3割が揚げ方で決まると思っています。
f:id:tukishiba_turedure:20190512135003j:image

鶏もも肉(600g)を準備します。

一口大の大きさに切ります。

切ったら2重にしたキッチンパックに入れていきます。

2重にしておかないと1袋目が破れた場合に冷蔵庫が悲惨なことになります。経験済み(笑)
f:id:tukishiba_turedure:20190512135026j:image

ここで登場!

下味づけの基本!うまみじょうゆです。

にんにく(2-3片)としょうが(1片※チューブでも可)を皮をむいて薄切りにします。

切り終わったら容器にしょうゆ(2カップ)とにんにく、しょうが、粉末かつおぶし(わが家はヤマキを使っています)を入れて半日~1日程度置きます。

唐揚げ意外にも野菜炒めやマーボー豆腐など味付けのときにとても役立ちます✨

無くなってきたら私はしょうゆだけ入れてつぎ足ししています(笑)
f:id:tukishiba_turedure:20190512135013j:image

ここの比率が大事です!

うまみじょうゆ(大さじ4)、酒(大さじ1)、塩・こしょう(少々)を入れます。

隠し味に鶏がらスープの素を少々いれるとうまみが増します。

にんにくやしょうがの味を更に効かせたい場合はチューブ(適量)で足します。
f:id:tukishiba_turedure:20190512135039j:image

材料をすべて入れ終わったらしっかり混ぜていきます。
f:id:tukishiba_turedure:20190512135049j:image

混ぜ終わったら冷蔵庫にいれて20分程度おいて味をしみこませます。

時間がなければ約10分でも構いません。

時間があるときは朝のうちにここまで作っておいて、夜は揚げるだけに時短になります。
f:id:tukishiba_turedure:20190512135059j:image

下味をつけ終わったら容器に出します。
f:id:tukishiba_turedure:20190512135109j:image

そこに片栗粉(1-2カップ)を入れて衣をつけて行きます。

以前はキッチンパックの中に出していましたが、調味料と混ざってベタベタになってしまったので容器に出しています。
f:id:tukishiba_turedure:20190512135128j:image

たくさん衣をつけるとより美味しくなります(*^^*)
f:id:tukishiba_turedure:20190512135213j:image

いよいよ揚げていきます。

ここが上手くいかないと下味作りを頑張った意味がありません(笑)

網とお皿、揚げ箸を準備します。

ちなみにすべてナチュラルキッチンです♪

あなたをおうち好きにする雑貨屋さん NATURAL KITCHEN & ナチュラルキッチン アンド
f:id:tukishiba_turedure:20190512135140j:image

よくレシピに180度とか220度とか書いてあるのですがわかりにくいので、

わが家はコンロメモリは真ん中よりちょっと強めと大体決めています(笑)

写真の右側のコンロを使っています。
f:id:tukishiba_turedure:20190513151502j:image

天ぷら鍋に油を入れてメモリを合わせます。

以前フライパンで作ったことがありますが、やはり天ぷら鍋の方がカリッっと仕上がったのでそれ以来戻しています。

焼き時間は片面約2分30秒ずつにしています。

f:id:tukishiba_turedure:20190512135224j:image

焼いているうちはキッチンタイマーを40分くらいに設定しておいています。

いちいちタイマーを押すのも大変なので見た時間からカウントしています。

大きく切ったものは3分くらい挙げている時もあります。

焼き色をみて決めて下さい。
f:id:tukishiba_turedure:20190512135239j:image

揚げ終わったら網へ。

カリッっと上手に揚がりました♡

余熱でも火が通っていくので、そのまま次の鶏肉を揚げていきます。
f:id:tukishiba_turedure:20190512135252j:image

冷まし終わったら盛り付けへ。

次女用のプレート皿です(*^^*)
f:id:tukishiba_turedure:20190512135303j:image

時短も目指しているので2度揚げはしていません。

それでも十分美味しく作れてきているので、このまま引き続き続けてみようと思います。

おまけ

皆様のご自宅は揚げ油をどのように保管していますか?

これ、夫の家とは違って結婚当初驚かれました(笑)

私の実家では1度しか使っていない油はロートを使って別な容器に閉まっておきます。
f:id:tukishiba_turedure:20190512135318j:image

容器にロートを差し、すくい網でろ過するように油を注いでいきます。

いらない油の塊はすくい網へ。

まだ使える油は容器に入っていきます。
f:id:tukishiba_turedure:20190512135327j:image

揚げ物が手間だなと感じている方の中には油の保存の仕方に困っている場合があるようです。天ぷら鍋のまま放置していたら場所を取りますしね。

置く場所に困らないのでぜひおすすめです(^^)

おわりに

味付けをこだわったことで唐揚げを作るときはもも肉だけあれば作れるようになってきました。節約にもなりますね♪

まだまだ極みきれていませんが、実家の味になるように作り続けていきたいです。

 

∇他にもレシピをたくさん載せています∇

▼祖母から教わったものが多いです▼

ーメインー

〇簡単ミートソースの作り方~コスパ最高~

すき昆布の煮物のつくり方~地元名産~

〇簡単手づくり餃子の作り方 ~ボリューム満点~

 

ー副菜(おつまみ)ー

ほたて貝のひもと豆苗のバター炒めの作り方~簡単おつまみに大変身~

〇簡単ひじきとれんこんサラダの作り方~定番レシピの仲間入り。つまみにも最適~

〇きんぴらごぼうの作り方~ごぼうは食物繊維たっぷり!出汁もおいしいです~

〇スパゲッティサラダの作り方~マヨネーズたっぷり~

〇大根の煮物の作り方~煮物は最高の時短料理~

〇漬け物の作り方~漬物器を使うと更に美味しくできます~ 

 

ーイベントー

〇恵方巻の作り方~節分パーティにおすすめ~

www.tukishiba-turedure.com