3姉妹ママの日々徒然

5歳、2歳、0歳の女の子を子育て中の医療系ワーキングマザーです。現在、3人目の育休中です。都内在住、共働き、核家族の私たちは実家が遠方のため子供の体調管理には人一倍敏感です。暮らしや子育て、仕事など日々のちょっとしたことを綴っています。

チクチク言葉とふわふわ言葉!子育てから学ぶ言葉選び。言葉って武器にも盾にもなります。妊娠中に言われた忘れられない言葉

スポンサーリンク

「それ、チクチク言葉だよ!」

「それ、ふわふわ言葉だね!」

最近、長女がよく言います。

f:id:tukishiba_turedure:20190425233111j:plain

保育園で担任の先生が行っている「言葉仕分け」というものです。

模造紙に大きく2つにわけて書いてあり、クラスに貼ってあります。随時更新しているようです。

言葉の持つ意味

チクチク言葉とは、「言われて嫌な言葉」です。

ふわふわ言葉とは、「言われて嬉かった言葉」です。

すべて子供たちから意見もらっているようです。

例えば・・・

☆「かわいくないね」「◯◯ちゃんは仲間外れだね」「バカ」⇒チクチク言葉

★「それ、素敵だね」「坂上がり上手だね」「こっちで一緒に遊ぼう」⇒ふわふわ言葉

保護者会に行ったときに模造紙いっぱいに書いてありました。

まだ5歳の子供たちなのにしっかりわかってるんだなと改めて感じさせられた一言でした。

子供でも善悪の区別はわかる

私自身も子供の頃に親や友達から言われた言葉は大人になっても色濃く記憶として残っています。

そして、それは嬉しかった言葉より言われて嫌だった言葉の方が意外にも覚えていたりします。言った方がすっかり忘れていても・・・です。

社会人になっても「言葉選び」はとても難しいものであると感じています。

妊娠中に言われた忘れられないひと言

子供でも善悪がわかる中、私は次女の妊娠中に言われた忘れられない言葉があります。

悪阻の辛さ

私は3回妊娠・出産を経験していますが、3回とも悪阻が非常にキツかったです。

妊娠5~6週目から吐き気が始まり、苦手な臭いや思い出した食物の臭い、唾液を飲み込むだけでも吐いていました。

倦怠感も辛く、最後には胃液を吐いてしまう位、衰弱していきました。

f:id:tukishiba_turedure:20190425235623j:plain
長女のときは吐き気による脱水で入院しましたが、次女・三女はそうもいってられません。

夫に95%ほど家事・育児をお願いしてるにも関わらず、残りの5%を根性でやっていました(^^;

徐々にピークは過ぎたものの、出産直前まで悪阻は続きました。これは3人とも変わらず…

出産後の体調がびっくりするほど元通りになることにいつも驚いています(笑)

産休ギリギリまで働きました

3人とも妊娠34週まで仕事をやりきりましたが、やはり体調・体力的ともに限界でした。

しかも次女・三女は重度貧血+重度下肢(陰部)静脈瘤でドクターストップがかかるギリギリでした。幸い赤ちゃんには異常はありませんでした。

仕事にもよりますが、これから出産される方は赤ちゃんに問題がなくても、自分の体と赤ちゃんを守れるのは自分だけです。

どうぞご無理されないように。

バスの中の出来事

普段の通勤は電動自転車ですが、妊娠後期は都営バスを使っていました。

仕事が終わって、体はヘトヘト・・・

それでも長女を迎えに行くためにバスに乗り込みました。

優先席しか空いておらず、誰も座っていなかったので座りました。

そして!

次のバス停から乗ってきたおばあさんの一言が私にとっては忘れない一言になりました!

そのおばあさんは私の席の前に立つなり、

「若者が座ってるんじゃないよ。どきなさい。」

と、言いました。

私は仕事終わりの疲労と悪阻の辛さで、面倒を起こしたくなかったので、何も言わずに席を譲りました。

そして、そのおばあさんがドカッっと座りました。

座ったら今度は私をジロジロみるおばあさん。

私のお腹の大きさとバックについている妊婦マークを見つけて、

「あ~妊婦なの。まぁ、産めば元気になるでしょ。はいはい。そうやってマーク(妊婦)を見せつけて席を譲ってほしいのね。やめた方がいいわよ」

と、言われました。

・・・皆さん、どう思いますか(^^;)?

長女を妊娠中の時は全く言われたことがなく、初めてのことでした。

もう悲しいのと悔しいのとで気持ちがグチャグチャで、保育園に迎えにいった帰り道、泣きそうな私の顔を見て、長女が「大丈夫?」と心配してくれました。

帰ってきて泣きながら夫に話したら、私以上に顔を真っ赤にして怒ってくれたので、少し救われました。

言葉の重み

仕事上、人を相手にすることが多いのですが、ここまで攻撃を受けたことがなかったので、改めて人生なにがあるかわからないなと思いました。

 

そのおばあさんは私に席を譲ってもらって嬉かったんでしょうか・・・

そこまでして譲ってもらったことに価値はあったのでしょうか・・・

 

今、思い出しても涙が出そうですね(笑)

負の感情に引っ張られそうなので蓋をしておきます・・・

www.tukishiba-turedure.com

クアトロ(@kuatoro_vageena)さんのツイートを読んで思わず共感してしまいました。

おわりに

私が小さい頃、祖母に、

言葉は武器にもなるし、盾にもなるんだよ

と言われました。

今までの人生を振り返ってみると

攻撃を受けたつらい言葉だけでなく、

守ってくれた優しい言葉もたくさんあります。

現に妊娠中はたくさんの方に気遣っていただき、3人とも無事に出産することが出来ています。

レアケースに当たってしまったんでしょう(笑)

それでも言われた言葉は今でも根強く私の心の中に残っています。

子供たちにも「言葉のもつ重要性」は

これからしっかり伝えていきたいなと思います。