3姉妹ママの日々徒然

5歳、2歳、0歳の女の子を子育て中の医療系ワーキングマザーです。現在、3人目の育休中です。都内在住、共働き、核家族の私たちは実家が遠方のため子供の体調管理には人一倍敏感です。暮らしや子育て、仕事など日々のちょっとしたことを綴っています。

IKEA[イケア]2019春夏カタログが届きました

スポンサーリンク

 IKEAファミリーメンバーに登録しています。

小物や生活雑貨、家具などわが家でもリピート商品がいくつかあります。
f:id:tukishiba_turedure:20190210000433j:image

新しいものってワクワクしますね。

早速、付箋を貼ってリサーチです。

最初に、アッ!と言った商品です。

NEWマークがついているネットバッグです。

f:id:tukishiba_turedure:20190210000946j:image

以前、この商品に似たバッグにピザ箱を入れている方がいて、ずっと探していました。

わが家は人数が多く、食料品はOKストアというディスカウントスーパーで購入しています。品ぞろえも豊富で、何より安いです。

ok-corporation.jp

お店の中にパン屋さんがあるのですが、そこのピザが、安くて美味しくて買い物ついでによく買っています✨

1ホール約30cm位で500円弱・・・破格ですよね。

f:id:tukishiba_turedure:20190210003426j:plain

ただ、買い物+ピザ箱となると、荷物が増え、更にピザ箱は横にしないと形が崩れてしまうので、いつも困っていました。

なので、このネットバッグであれば上手く対応してくれるんじゃないかと密かに思っています。

要確認です。

仕事に近い部分で

私は普段、病院でリハビリテーション業務に従事しています。

十数年、たくさんの患者さんと関わってきました。

病気によってリハビリの内容は違いますが、

「食事」「排泄」

問題で悩まなかったことはありません。

「どうやったらご飯がうまく食べれるかな」

「どうやったらトイレがスムーズにできるかな」

なんと、IKEAで「すべり止め付き皿」が販売されているようです。
f:id:tukishiba_turedure:20190210004415j:image

介護・医療関係者の方々はご存知かと思いますが、特許商品は高いです。

このような皿もいいお値段します。

それがまさかのワンコイン以下・・・
f:id:tukishiba_turedure:20190210000957j:image

食事の時に、手の力が弱くてスプーンや皿を上手く持てない方がよくいらっしゃいます。

ほんのちょっとのことで、

「介助(食べさせてもらう)」から

「自立(自分で食べる)」につながることは

気持ちの面でも変化が生まれます。

子育てにも、当てはまりますね。

食べさせていたのに、いつの間にか1人で食べれるようになったら成長を感じます。

実物はまだ見ていないのですが、リハビリ関係者も商品開発に携わっているようなので、嬉しくなりました☺

リハビリテーションは、

苦手な部分を「良くしていくのも大事」ですが、

苦手な部分と「上手く共存していくことも大事」です。

なので、サポートグッズを見かけるとつい反応してしまいます。

www.ikea.com

おわりに 

カタログを何度も見返して、気に入った商品ページに付箋を貼っていたら、いつの間にかたくさんになっていました。

素敵な商品に出会えるのが楽しみです(^^